ドライバーの仕事

最近のドライバー募集の給与水準とは

国内の経済が活発化すると、人やモノの輸送に対する需要が高まるのが一般的傾向である。そして最近では国内経済の回復傾向が鮮明になってきたので、様々な企業がドライバーの募集に積極的である。特に大型車両を運行する運送会社やバス会社であれば、年収500万円以上の条件の求人が一般的であろう。更に外洋航路向けのコンテナを輸送するトレーラーのドライバーであれば、年収600万円も実現可能であろう。そして小口の貨物を輸送する運送会社の場合には、実力次第で年収800万円以上を実現することもできるであろう。そのために各地の運送会社の求人を注意深くチェックして応募することで、経験者であれば収入の大幅アップも実現可能であろう。

これまでの運輸系を中心とした求人の歴史

国内の貨物輸送では、これまで一貫して鉄道からトラックへのシフトが起きたことが特徴的である。そのために運輸系の求人の中でも高度経済成長期を中心に、トラックのドライバーの求人の増加が最も顕著であろう。そして一般家庭への宅配サービスも定着したことで、中型や小型トラックのドライバーの求人が増えたのが、最近の30年間の流れである。そして最近の高齢化の進展によって、路線バスやタクシーのドライバー求人も急増中である。そして人材不足を強く感じる企業が増えているので、最近では未経験者を積極的に教育するスタイルがトレンドである。そのために働きながら大型免許や二種免許の取得が可能な求人情報も、すぐに探せるであろう。